河原町通から木屋町通へ抜ける道にある老舗洋食店「満亭」はまるで隠れ家のようなレストラン。海老のクリームコロッケが大人気です。

京都市河原町通から木屋町通へ抜ける路地の一角にある老舗洋食レストラン「満亭」です。昭和25年の創業以来、「エビコロ」を始めとした看板メニューのクリームコロッケを提供する洋食屋として隠れ家的にひっそりと営業をしております
沿革
昭和25年創業、お客様の満足を目指して
昭和25年、初代大関一郎の手によって欧風料理「満亭」は誕生しました。
「満足・満腹・満ち足りる」という意味が込められた店名通り、ボリューム満点の料理と京風のやや薄味の懐かしい味わい。時代が変わっても変わらない洋食屋として、昭和25年創業当時の雰囲気と味を楽しんでいただくことができます。
手作りにこだわった、満亭でしか味わえない味
創業当時は戦後まもなくということもあり、調味料ひとつ満足に調達することができなかったため、マヨネーズやパン粉など、料理に必要不可欠となるものはすべて自分たちの手で作るしかありませんでした。
しかしそれこそが洋食の醍醐味。妥協をせず、こだわりを追求していくことで、お客様に「満足・満腹」をご提供し続けていければと考え、現在でも調味料のほとんどは手作りでご提供しております。
そして生まれた看板メニュー「海老クリームコロッケ」
海老クリームコロッケ 当店の看板でもある「エビコロ(エビクリームコロッケ)」は創業当時からの人気メニュー。
手の甲くらいはありそうな、大きすぎるクリームコロッケ。

時間はかかりますが、作り置きは一切せず、クリームの水分がパン粉にしみないよう、オーダーが通ってから形を作りパン粉をつけるという徹底ぶり。今では9割のお客様がこのスペシャルコロッケを注文されます。

もはや満亭の定番となった海老クリームコロッケ。
昔も今も変わらない、懐かしの味をお楽しみいただけます。
是非ご来店の際はご注文ください!
沿革
・ 1950年(昭和25)11月 初代大関一郎が欧風料理「満亭」を開店
・ 1968年(昭和43)01月 二代目大関寛二、京都国際ホテルを退社し入店
・ 1980年(昭和55)02月 有限会社満亭を設立
・ 1981年(昭和56)04月 半年の工期を経て、満亭ビルオープン
京都市河原町通から木屋町通へ抜ける路地の一角にある老舗洋食レストラン「満亭」です。昭和25年の創業以来、「エビコロ」を始めとした看板メニューのクリームコロッケを提供する洋食屋として隠れ家的にひっそりと営業をしております。